« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月

2010年6月18日 (金)

富士見パノラマ2回目

かなり前の出来事になってしまいましたが・・・
富士見2回目行ってきました!
D1富士スピードウェイに寄ってから富士見入りする予定だったのですが、、
急に仕事が入ってD1に行かれませんでした。。
D1に向けてデジタル一眼レフカメラのEOS 7DをGETしてラジコンで流し撮りの練習までしてたのに残念。

流し撮り練習

D1のサイトよく見たらストリートリーガルっていうのができてたんですね~

今回は深夜1時頃到着後、夜中にBBQしましたー。

Img_0129←こんな暗闇のなか砂肝焼いてました。
夜中にBBQしちゃう所が楽しかったです。
私はこの日に向けてアウトドアグッツをモロモロ調達していて、
Coleman(コールマン) スクリーンサンシェード ブルー 170T11750R ←これをなんとなく買って・・・この中で寝たんだけど、かなり快適でした!

朝起きたらジギーエリアチームと合流。
富士見P

今回もCコース2回で終了しました。他の人は4回位行ってましたが・・・。

やっぱりハードテールのダウンヒルは疲れます。。
と書いてみたものフルサスで下ってないので違いがわかりませんがw

ブレーキは今ディスクブレーキなんだけど、なんとかブレーキ(なんだか忘れた)に変えるだけで違うらしいです。
下ってる途中で握力が低下してくると、ブレーキレバーの位置が遠くてブレーキ掛けるのが辛くなってきます。
ダウンヒルに行くならブレーキ全般を交換した方が良さそう。

富士見P ←マイバイク

今回はダウンヒル2回目&路面がドライだったので、転ばなかったし前回よりは疲れませんでしたー。帰りの大渋滞が一番疲れたよーな。。。

昼食はそうめん茹でたり、お昼寝したり、ラジコンしたりで楽しかったー!

富士見P(みんなでそうめん食べてるとこ)

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

富士見パノラマ

週末、富士見パノラマ行って来ました!(冬はスキー場になります)

富士見パノラマ初ダウンヒルでーす。
このようにゴンドラに自転車積んで山を登ります。

富士見パノラマのコースはいくつかあって、私は初級向けコース?のCコースを下りましたー。全長7キロちょっと。

細い林道を下って行くのですが道には枝や石がゴロゴロしてるし、林道脇は崖だし・・・前日から天候が不安定だったので、道がウェッティーだったのでカナリ気合が必要でした~。

富士見パノラマ

ダウンヒルやる場合はフルサスのMTBが良いみたいですが、
私のマウンテンバイクはフロントサスしかないハードテイルのMTBだし、どうなのよ??
と思っていましたが、土手とか幕張で自転車練習してた成果&教えてくれる人も居たので、なんとか無事下れました。

しっかし、想像してた以上にハーーード!1回下っただけで全身疲労しました><
なので、体力の限界で2回しか下れませんでした!
はじめてのスノーボードみたいな疲労感です。

富士見パノラマすっごい疲れたけど、昼食にはパスタを茹でてたり、みんなで泥まみれになって遊ぶのは楽しいです!
というわけで来週も行ってきます~♪

ちなみに今週末の6/5・6は富士スピードウェイでD1開催でーす。
今年は「"激感エリア"」なるものがありますよ!!

私は5日富士スピードウェイ→6日富士見パノラマ という予定ですが・・・
両方とも「富士」ってついてるから近いのかと思ってたら、結構遠いのね!

| | コメント (4)

I live light 蛙

I live light 蛙 浅草のジギーエリアで素敵なGOODS発見。
カエルのLEDライトです!カエルの目が点滅するんですYO!!

おたまじゃくしの入れ物もかなり可愛いです☆
http://www.ilivelight.jp/
'細部までこだわった塗装は、有名フィギュア工場で1匹1匹を手塗りしています。'
だそうです。
カエルカラーは10種類。

磁石になっているので、鉄部分ならどこでもくっつきます!
HPに装着例が載ってました。

いろいろな所にカエル沢山くっつけても可愛いデスねぇ~(駐輪するとき要注意だけど。)
これから梅雨だし、カエルの時期だし!

先日LEGOライトが、自転車走行下り坂途中でぶっ飛んでいき、

車にひかれて片腕喪失という事故に遭ってしまいましたが・・・
このカエルちゃんは磁石がついてるから走行中にぶっ飛んでいかないと思うけど。。
なぜ磁石を採用したんだろう~。。ちょっと気になる!


---- ジギーエリア ----
色んな自転車が売ってまーす。パーツ類も。
東京都台東区浅草3-12-1 03-3876-7610


大きな地図で見る

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »